LABELLIO - 個人情報保護方針

発行日:2016年1月19日
最終改版日:2017年12月25日

京セラコミュニケーションシステム株式会社(以下「会社」又は「当社」という。)は、利用者の閲覧用本個人情報保護方針がサイト「https://www.labell.io」(下層ページを含み、以下総称して「本サイト」という。)に掲載される当社のサービス(以下総称して「本サービス」という。)に関連して、本サイト上で提供され又は収集される情報の取扱いについてまとめた本個人情報保護方針(以下「本個人情報保護方針」という。)を維持する。

利用者は、本サービスを利用し又は本サービスにアクセスするごとに、本個人情報保護方針に拘束されることに同意し、個人情報保護方針に定める権利、義務、条件を自ら読み、それらを理解していることを表明し、当社が本個人情報保護方針に記載するとおり利用者の情報を収集し、利用し、開示し、かつ保存することに同意する。利用者は、本個人情報保護方針を理解せず、又は本個人情報保護方針に拘束されることに同意しない(若しくは本個人情報保護方針を遵守できない)場合、本サービスを利用し又は本サービスにアクセスしてはならない。利用者は、継続して本サービスにアクセスしてそれを利用すれば、随時修正される本個人情報保護方針に法的に拘束されることに同意したものとみなされる。本個人情報保護方針で「利用者」と言及される場合、利用者自身、及び利用者の代理を務める者及び事業体(それらの者がいる場合)を指す。

A. 情報の種類及び収集

当社が以下に示す情報を収集する主な目的は、ユーザーである利用者に本サービスにおいてカスタマイズされた経験を提供し、当社の顧客、将来の顧客、及び訪問者に、より良いサービス、製品、及びより関連性のあるコンテンツを提供することである。

1. 当社が収集する情報の種類

当社は、本サービスに関連して2種類の基本的情報を収集する。それは、(a)個人情報、及び(b)匿名情報である。本個人情報保護方針で使用される個人情報、匿名情報、及び集団情報は、以下のように定義される。

「個人情報」とは、個人のフルネーム、自宅住所又はその他の実際の住所、電子メールアドレス、電話番号、並びに経時的に異なるウェブサイトの全て又はオンライン・サービスで個人を認識し、物理的に又はオンラインでその個人への接触が可能となるクッキー、IPアドレス、及びモバイル機器IDなどの識別子等、特定の個人を(直接的、間接的を問わず)識別する情報を意味する。

「匿名情報」とは、直接的にも間接的にも個人を識別せず、かつ識別するのに合理的に利用できない情報を意味する。匿名情報が直接的又は間接的に個人情報と関連付けられ又は個人情報と組み合わされる場合、その匿名情報もまた個人情報として扱われる。

「集団情報」とは、人々のグループ又はカテゴリーに関する情報であり、その情報は、個人を識別せず、かつ識別するのに合理的に利用できないものを意味する。

2. 当社による利用者の情報の収集方法

利用者から直接収集する情報

利用者が本サービスとやり取りをする場合、当社は、以下に示すとおり利用者が当社に直接提供する情報(個人情報を含む。)を収集する。

登録情報。利用者は、当社に登録して本サービス内でアカウント又はプロフィールを作成する場合、以下の情報の提供を求められることがある。(i)利用者の年齢又は生年月日、(ii)利用者のフルネーム、(iii)利用者の電子メールアドレス及び郵送用住所、(iv)ユーザー名、ニックネーム、若しくはパスワード、(v)性別、(vi)社会保障番号、(vii)言語の希望、並びに/又は(vii)登録手続を完了するのに必要なその他の情報(個人情報を含む。)

支払情報。利用者が本サービスのいずれかを有料で利用する場合、当社は、取引の完了に必要な支払及び請求情報を収集する。その情報には、(i)利用者のフルネーム、(ii)利用者の有効な電子メールアドレス、(iii)クレジットカード番号、デビットカード番号、PayPalアカウント情報、銀行口座、電信送金情報、及びその他の第三者支払処理業者情報、(iv)請求先住所、並びに(v)利用者が提供することを選択するその他の情報(個人情報を含む。)が含まれる。当社はまた、第三者支払ベンダーなどの他者が利用者の支払を処理する際に、利用者が提供する支払及び請求情報を受領することがある。第三者支払処理サービス・プロバイダーによって扱われる支払、及びそれに関連して開示される個人情報は、そのサービス・プロバイダーの適用する個人情報保護方針の対象となることに注意すること。本個人情報保護方針では、そのサービス・プロバイダーによる利用者の個人情報の収集及び利用について取り扱わない。

カスタマーサービス及び技術サポート。利用者がカスタマーサービス及び技術サポートに関連して当社に連絡する場合、当社は、利用者の連絡先情報(氏名、電話番号、及び電子メールアドレスを含むがそれらに限定されることはない。)、利用者の本サービス利用に関する情報、利用者のユーザーID、並びに利用者がその問合せに関連して当社に任意に提供するその他の情報を収集し保存する。

自動技術により収集する情報

利用者が本サービスとやり取りをする場合、当社は、以下に示す自動技術により匿名情報を収集する。

クッキー。「クッキー」とは、ウェブサーバーから利用者のブラウザーに送信され、利用者のコンピューターのハードドライブ又はモバイル機器に保存される短いテキストファイルである。当社は、統計及び市場調査の目的で、当社のユーザーに関する匿名情報(例えば、ユーザー名、閲覧ページ、本サイトでの経過時間、本サービスの直前及び直後に訪問したサイト)を追跡するためにクッキーを使用することがある。

当社は、当社のユーザーのブラウザー活動に関する情報を収集するためにクッキーを使用する。当社はまた、利用者から情報を収集するために「フラッシュクッキー」としても知られるローカル共有オブジェクトを使用することがある。

利用者は、クッキーについて選択することができる。利用者は、自身のブラウザーの設定を変更することによって、クッキーを全て拒否し、又は自身が許容するクッキーの種類を限定することを選択できる。フラッシュクッキーは、ブラウザークッキーとは異なる動作をし、ウェブブラウザーで使用可能なクッキー管理ツールでは、フラッシュクッキーは削除されない。フラッシュクッキーについて更に知り、その管理を行うには、www.adobe.comを参照すること。ただし、クッキーを拒否し、又はクッキーの種類を限定すると、場合によっては本サービスの一定の機能にアクセスできないことがある。

ログファイル。当社はまた、ほとんどのインターネット・サービスと同様に、利用者から情報を収集するために、サーバー側でログファイルを使用することがある。ログファイルで保持される利用者の情報には、利用者のコンピューター又はモバイル機器のIP(インターネット・プロトコル)アドレス、ブラウザーの種類、ブラウザーの言語、電子メール・アプリケーション、インターネット・サービス・プロバイダー、参照・離脱するウェブページ、コンピューター・プラットフォームの種類、日時スタンプ、及びユーザーの活動が含まれる。本サービスを可能にするソフトウェアは、当社のサーバーに保存されるログ及び一時ファイルの関連付けを行っている。これらのファイルには、利用者のアカウント情報、環境設定、システム通知、及び利用者が本サービスを利用できるようにするために必要なその他のデータが保存される。利用者の情報はまた、定期的に実施されるサーバー・バックアップに関連して収集されることがある。

追跡技術。当社は、利用者から情報を収集するために様々な追跡方法((インターネットタグ、ピクセルタグ、及びクリアGIFとしても知られる)ウェブビーコンを含むがそれに限定されることはない。)を活用する。ウェブビーコンは、ユーザーが本サービスの様々な領域を訪問する頻度などのトラフィック・パターンを分析するために、ウェブサイトのページ上の画像に埋め込まれた小さなデータである。当社は、ピクセルタグにより、一定の宣伝メッセージを受け取らないように現在のユーザーを除外し、又は新たなインストールのソースを特定することによって、より効率的に広告を行うことができる。これらの方法には、利用者から直接、又は代理で情報収集することを当社が許可している他の事業者を通じて情報を収集することが含まれる。当社はまた、受信者が電子メールを開封したかどうか、又はそれらの電子メールにあるリンクをクリックしたかどうかを判断するため、当社がゲストに送信するHTML電子メールでもこれらの方法を使用する。当社が追跡技術によって収集する情報は、匿名情報である。

その他のソース

当社は、その他のソース(本サービスの他のユーザー、第三者情報提供者、サービス・ベンダー、及びパートナーを含むがそれらの者に限定されることはない。)から利用者の情報を収集することがある。

B. 個人情報の利用及び開示

当社は、本個人情報保護方針で別段の記載がないかぎり、利用者から収集した個人情報を利用又は開示しない。利用者の個人情報は、単独で、又は他のユーザーから収集する情報と併せて利用されることがある。

1. 当社による利用

当社は、以下の一つ又は複数の目的のために利用者の個人情報を利用する。

(a)利用者が当社に登録して本サービス内でアカウント又はプロフィールを作成できるようにする。

(b)本サービスを運用し、保守し、改善する。

(c)市場調査分析を実施する。これには、本サービスがどのように利用されているかを更に理解し、また本サービスのマーケティングをより効果的に行うために、ユーザーの特徴及び利用パターンを分析すること、及び広告表示を最適化することを含むがそれらに限定されることはない。

(d)当社の本サービス提供について利用者に連絡する。また利用者に本サービス又は当社のビジネス・パートナーの提供品に関する通知、ニュースレター、宣伝素材、及びその他の情報を送付する。また利用者にアンケート、キャンペーン、コンテスト、及びくじへの参加機会を提供する。*

(e)本サービスに関する実際の詐欺、ハッキング、侵害、若しくはその他の不法行為、若しくはそれらの疑いのある行為を防止し、又はそれらを調査する。

(f)カスタマーサービス及び技術サービスへの問合せに対応し、問題を解決し、事件を調査し、苦情に対処する。

(g)利用者及び当社の顧客に本サービスを提供する。

(h)支払及び請求処理を完了する。

(i)適用法、規則、法的手続、又は強制可能な政府の要請に応じる。

(j)本サービス、並びに当社の利用規約、本個人情報保護方針、及びその他の本サービス固有の方針の変更に関する連絡事項などの通知を送付する。またそれらの方針に定める適用条件を実施する。

(k)法律が求めるように又は法律が認めるとおり、当社、そのユーザー、又は公衆の権利、財産、又は安全を危害から守る。

当社は、日本及びその他の国々にある当社のサーバーで個人情報を処理する。当社は、場合により、利用者の国以外で個人情報を処理することがある。

*当社が送信する宣伝用電子メールでは、当社が送信者であることを特定し、当社の詳細な連絡先を記載する。さらに、その電子メールには配信停止オプションが提示される。またさらに、利用者が宣伝用電子メールの受信に同意すれば、利用者が当社に書面で別段の通知をするまで、その同意は引き続き最新のものとなる。

2. 第三者への開示

第三者サービス・プロバイダー。当社は、本サービスを行う目的のため、利用者の個人情報を第三者サービス・ベンダー、及びパートナーに開示することがある。その第三者サービス・ベンダー、及びパートナーは、利用者の居住国以外の国々に所在し、支払処理、データ分析、電子メール送信、ホスティング、注文履行、インフラ及びネットワーク保存、カスタマーサービス、技術サポート、監査、コンテンツのライセンス付与、並びに宣伝サービス等のサービスを提供することがある。特に、当社は、必要に応じて、企業統治、買収、及び法的要件又は規制要件に関連して、利用者の個人情報を内部で、並びにサービス・プロバイダー及びその他の第三者間で共有することがある。

当社は、そのサービス・プロバイダー及びそれらの他の第三者に利用者の個人情報を秘密に保持し、それが開示される特定の目的を促進するためにのみ個人情報を利用するように要請する。

関係会社。当社は、個人情報を当社の「関係会社」(日本、アメリカ合衆国、又はそれ以外の世界のどこかに所在にする、共通の所有権に基づく子会社、親会社、合弁事業、及びその他の企業体を意味する。)に、本個人情報保護方針に記載の目的を達成するため、当社の指示に基づきその個人情報を移転し処理する目的で開示することがある。

所有権の変更。会社が将来、企業合併、売却、買収、清算、会社更生、統合、破産、合弁事業、又はその他の類似する所有権変更手続によって他社と結合する場合、利用者の個人情報は事業又はその一部とともに、その取引の承継組織に移転され、又は事業資産として売却されることがある。その取引の結果、会社のプライバシーに関する実務に重大な変更が生じる場合、利用者は、利用者の個人情報の所有権又は利用における変更、及び自身の個人情報に関して利用者が有する選択肢について、本サービスの重要通知によって通知を受ける。

ライセンス協定の終了。本サービスの一つ又は複数の部分が関係する第三者ライセンス協定が満了し又は終了すれば、利用者の個人情報は、適用されるライセンス契約の条件に従い、対象の第三者ライセンサーに移転されることがある。会社は、第三者ライセンサーへのその移転に先立ち、本個人情報保護方針に示す方法で利用者及び他のユーザーに書面で通知する。

3. 安全、セキュリティー、及び法的に必要な開示

本サービスが犯罪行為に利用されていると当社が考える場合、利用者又は他者の安全に脅威をもたらす緊急性があると当社が誠実に考える場合、また当社の利用規約を実施することを含み当社の権利若しくは財産を保護するのに、又は利用者が要請したサービスを当社が提供するのに必要な場合、利用者の個人情報、及び利用者が本サービス内で行うやり取りは、アクセスされ開示されることがある。

当社はまた、法律、規則、裁判所命令が求める場合、又は召喚状若しくは訴訟証拠開示要求に対応して、又は法律の定めに従い、若しくは当社に送達された訴訟の令状に従い、その行為が必要であると誠実に考える場合、個人情報を開示することがある。さらに当社は、適用法、規則、及び規制に従い、政府機関に対して法律上要請される開示を行い、個人又は私的データのセキュリティー、秘密保持の違反、又は不正公開について利用者に通知する。

C. 情報の保存及びセキュリティー

当社は、当社が利用者から収集する情報のセキュリティーを保護するために(オンライン及びオフラインの両方で)合理的な方策を講じる。会社が世界的に事業を行う性質上、利用者の個人情報は、日本、アメリカ合衆国、及びその他の国々を含む世界の国々で保存され、アクセスされ、移転され、又は処理されることがある。当社は、場合により、利用者の個人情報を利用者の国以外で処理することがある。

当社が利用するデータベース、機器、及びサーバーを、第三者プロバイダーが所有していることがある。当社は、不正アクセス、紛失、又は悪用を防止し、データの正確性を維持し、情報の適切な利用を保証するために、自身が保持する情報を保護しその安全を守るための物理的、電子的、及び管理上の手順を整備している。当社は、利用者の個人情報の秘密性を保護するために、ファイアウォールなどの業界標準の技術を使用する。さらに、利用者のサービス・アカウントに関連して提供されるパスワード保護に加えて、当社は、利用者が当社に対して機密情報(例えば、アカウント・パスワード、及び支払関連の識別可能情報)を送信する場合は、プライバシー保護及び情報の完全性を高めるために、SSL(セキュア・ソケット・レイヤー)プロトコルにより暗号化を行う。

当社は、本サービス、データベース、機器、又はサーバー、及び記録のセキュリティー違反のおそれに対して合理的な予防策を講じるが、不正アクセス、ハッキング、データの紛失、又はその他のセキュリティー違反、及び当社の制御を超える要因が発生し、その結果、利用者の個人情報が開示されることが決してないと保証することはできない。したがって当社は、利用者から収集する個人情報の保持又は非開示に関するいかなる保証も表明も否認する。当社は、利用者が自身の個人情報(自身のパスワード及びその他の機密情報を含む。)を保護するために、常に(オンライン及びオフラインで)合理的な方策を講じるように強く推奨する。

さらに、当社が利用者の個人情報の保護に努めている一方、利用者は、インターネット経由で送信される情報が、電子メールによるか、当社のいずれかのオンライン・フォームを使用したかにかかわらず、傍受に対して必ずしも安全でないことを知っておかなければならない。したがって、当社は、その傍受について責任を負うことはできず、その情報のセキュリティーについて保証できない。

当社は、利用者の個人情報及びデータが本個人情報保護方針に従って安全に扱われることを保証するために必要な調査を行い、問題解決を試み、あらゆる合理的な措置を講じる。

D. 追加の個人情報保護方針条件

1. オプトアウト条項

利用者は、いつでも当社のlabellio@kccs.co.jp宛てに電子メールで要請することによって、自身の個人情報が以下の目的で利用されるのをオプトアウト(拒否)できる。利用者は、当社が利用者の身元確認ができるように、自身のユーザーID、又は登録済み電子メールアドレスを記載すること。当社は、利用者の要請に応えるために商業上合理的な努力をする。

(a)当社からのマーケティング通信の受信。利用者は、当社が利用者の同意を事前に求めた場合にオプトイン(同意)しないことを選択し、当社に電子メールを送信し又は主題のマーケティング通信におけるオプトアウトの指示に従うことにより、本サービスに関する当社からのマーケティング通信(通知、ニュースレター、及び宣伝素材、又はアンケート、キャンペーン、コンテスト、又はくじへの参加提案を含むがそれらに限定されることはない。)の受信をオプトアウトできる。

(b)関係会社への個人情報の開示。利用者は、当社が利用者の同意を事前に求めた場合にオプトインしないことを選択し、当社に電子メールを送信することにより、当社がマーケティング目的で利用者の個人情報を当社の関係会社に開示することをオプトアウトできる。

(c)第三者サービス・プロバイダーへの個人情報の開示。利用者は、当社が利用者の同意を事前に求めた場合にオプトインしないことを選択し、当社に電子メールを送信することにより、当社がマーケティング目的で、授権された第三者サービス・プロバイダーに利用者の個人情報を開示することをオプトアウトできる。

2. 個人情報の検討、更新、訂正、又は削除

一般に、利用者は、自身のアカウントにログインして、本サービスにより収集され又は開示される自身の個人情報を検討し、更新し、訂正し、又は削除することができる。利用者はまた、不正確な事実を修正することができる。生年月日又は年齢などの、適格性を確認するのに必要な一定の種類の個人情報は削除できないが、新しい情報を十分に検証したうえで修正することができる。提出された個人情報が承知の上で虚偽又は不正なものであると当社が考える場合、登録又は宣伝用エントリーを終了し又は削除する権利は当社が留保している点に注意すること。利用者はまた、自身の個人情報を削除するには、当社のlabellio@kccs.co.jp宛てに電子メールを送信することができる。当社は、利用者の要請に応えるために商業上合理的な努力をする。

利用者は、自身の個人情報にアクセスするには、フルネーム、住所、都市・州及び郵便番号、ユーザーID及びパスワード、並びに/又は本サービスにおける自身の最近の活動に関する情報などの身分証明を提供しなければならない。当社は、利用者の身元に疑義があると考える場合、ユーザーに対してアクセスを拒否する権利を留保する。個人情報へのアクセスを提供するのに、利用者のプライバシーに対するリスクに釣り合わない過度の負担又は経費がかかる場合、又は他者の正当な権利が侵害されるであろう場合、当社は、その情報へのアクセスを提供しないことを決定することがある。さらに当社は、法律の要請により又は正当な事業目的で(本サービスに関する紛争解決、利用規約の実施、並びにその他の技術的及び法的要件、並びに制約を含む。)利用者の個人情報のアーカイブ化したコピーを当社のファイルに引き続き保持することがある。

3. 変更の通知

当社は、いつでも本個人情報保護方針の条件を更新し変更する権利を留保する。当社は、本個人情報保護方針の条件を更新し、大幅な変更をすることを決定した場合、本サービス及び/又は適用される本サイトに、並びに更新された本個人情報保護方針に新たな発効日を付してそれらの変更を掲載する。利用者は、本個人情報保護方針が更新されているかどうかを定期的に確認しなければならない。利用者は、当社が更新された本個人情報保護方針を掲載し又は修正について利用者に通知した後に、本サービスに継続的にアクセスして利用することにより、修正後の本個人情報保護方針に拘束されることに同意したことになる。利用者は、修正後の本個人情報保護方針を受け入れられない場合、本サービスの利用を終了する以外に手段はない。

4. 第三者ウェブサイト、サービス、及び提案へのリンク

本サービスには、第三者のその他のウェブサイト、サービス、及び/又は提案へのリンクが含まれることがある。当社は、利用者がその第三者とやり取りをすること、その第三者が行う情報要求、又は利用者が任意にその第三者に提供することを選択する情報(個人情報を含む。)のその後の利用、取扱い、若しくは拡散について責任はなく、利用者又は第三者に対して責任を負わない。利用者は、第三者に個人情報を提供する前に、その第三者の適用される個人情報保護方針及び情報に関する実務を慎重に検討しなければならない。さらに利用者は、質問又は懸念がある場合、その第三者に直接連絡しなければならない。

5. 日本国外のユーザー

当社は日本企業であり、会社の事業運営は主に日本で行われる。当社は、日本の適用法及び規則に基づき、会社の運営及び本個人情報保護方針の管理を行う。利用者は、日本国外から本サービスを利用する場合、利用することによって、会社及び/又はその関係会社が、本個人情報保護方針に定めるとおり、自身の個人情報を日本及び/又は他の国々で移転し、保存し、処理することに同意する。利用者が本個人情報保護方針に同意し、それに続いて自身の個人情報を提出すれば、個人情報の移転、保存、及び処理に同意したことになる。さらに利用者は、日本の「個人情報の保護に関する法律(Act on the Protection of Personal Information)」が、利用者の所在国の法律とは異なることがあり、利用者の個人情報にその法律と同様の権利又は保護をもたらさないことがあることを確認する。

本個人情報保護方針の別段の記載のとおり、利用者が当社に個人情報を提出する場合、その情報は日本及び/又はその他の国々にある安全なデータベース、機器、及びサーバーに保存される。当社が使用するデータベース、機器、及びサーバーを、第三者プロバイダーが所有していることがある。

一定の管轄区のユーザーは、当社、その関係会社、又は授権された第三者サービス・プロバイダーが保有する自身の個人情報にアクセスする権利を有する。利用者のその個人情報へのアクセス権は、適用法、規則、及び規制に従い行使できる。当該アクセスについては、labellio@kccs.co.jp宛てに要請すること。

6. 言語

本個人情報保護方針の支配言語は日本語と英語である。利用者が他言語への翻訳を受領した場合、それは利用者の便宜上提供されたものにすぎない。本個人情報保護方針の日本語版・英語版と翻訳版の間に矛盾がある範囲で、日本語版・英語版が適用される。

7. 追跡拒否

当社は、DNT(Do Not Track(追跡拒否))信号に対応していない。

8. 当社連絡先

利用者は、本個人情報保護方針について疑問、問合せ、要請、苦情、若しくは意見がある場合、又は当社の情報に関する実務についてその他の疑問、若しくは提案がある場合、当社のlabellio@kccs.co.jp宛てに電子メールで連絡すること。